クラス名認可定員暫定定員職員数
つくし組(0歳)10名11名 4名
すみれ組(1歳)12名16名4名
たんぽぽ組(2歳)14名21名4名
ちゅうりっぷ組(3歳)20名24名3名
ひまわり組(4歳)24名24名2名
さくら組(5歳)25名24名2名
105名120名18名

障害のあるお子さんは、3歳児、4歳児、5歳児クラスにそれぞれ1名お預かりします。

保育園を開園しているのは、毎週月曜日から土曜日までです。
ただし、祝日、祝日の振替日、国民の休日及び12月29日から1月3日を除きます。

◇開園時間

月曜日から金曜日までの開園時間は、午前7時から午後7時までの12時間です。
土曜日の開園時間は、午前7時から午後6時までです。

◇利用可能時間

生後57日目からのお子さんを調布市が認定した時間内でお預かりします。
午後6時からの延長保育は、満1歳以上のお子さんをお預かりします。

◇利用できる人

本園を利用できる人は、調布市に「保育の必要性認定」及び「保育園の利用希望」の申請をして、市から利用認定と保育園の利用内定を受け、保育園による面接と医療機関による健康診断を経て、市が利用決定をした人です。

◇市認定利用時間及び通常保育時間と延長保育時間

市が認定する利用時間は、保育標準時間(午前7時から午後6時)と保育短時間(午前8時から午後4時30分)です。
個々の子どもたちの通常保育時間は、園長が次のことを考慮して決定します。

入園決定の理由が「居宅外労働」の場合には、市の認定機関の範囲内で保護者の就業時間や通勤時間から算定した、送迎可能な時間と子どもの健康・発達状況を考慮します。
「居宅外労働」以外の理由での入園の場合には、それぞれの入園理由に必要な時間を算定し、子どもの健康・発達状況を考慮します。

この決定をもとに、本園の保育体制を決めていますので、臨時にお子さんをお預かりすることは厳しい状況ではありますが、仕事は休みだが、通院するように、要件以外でお子さんの保育が必要となった場合は、保育体制との兼ね合いで次のとおりお預かりします。

月曜日から金曜日については、保育が必要な時間はお預かりしますので、職員にご相談ください。
土曜日は、保育体制が小規模(職員数が少ない)であることから、居宅外労働のご家庭で、勤務することになった場合以外は、お預かりできませんのでご了承ください。
土曜日に行う園行事については、勤務以外のお預かりを次のようにいたします。
【クラス別懇談会】 ご家庭での保育が不可能な場合は、お預かりします。
【運動会】 お預かりしません。
【クリスマス会】 2・3・4・5歳児のお子さんは、観覧することが出来る年齢ですので、ご一緒にご覧ください。
0・1歳児のお子さんは、ご覧になられる方がお一人の場合は、お預かりします。
【卒園式】 3歳児は、参列することが出来る年齢ですので、ご一緒にご参列ください。
0・1・2歳児クラスのお子さんは、ご参列の方がお一人の場合は、お預かりします。

また、入園後、お子さんが園生活に慣れるまでは保護者の方と相談の上、利用時間を短縮します。
延長保育時間は、次のとおりとなっています。

午前7時から8時30分までと午後4時30分から午後6時まで
午後6時から午後7時まで
ページトップへ